名古屋のはく製屋さん!!

安心・信頼・丁寧の魚類専門 ゆあさ剥製工房より
はく製・魚・釣りに関する事や釣行記などをご紹介♪
<< 卵生メダカ | TOP | キハダマグロ >>
ベタの産卵行動
0
    ベタの産卵の行動です。

    産卵時にオスが水面に泡を作り、
    泡に卵を入れ数日後に孵化します。


    産卵時は、
    ペアになったオスとメスが体をくねらせながら、
    受精します。

    ベタ1
    ベタ2
    ベタ3

    卵を産み落とした直ぐは、
    メスは失神した様になります。

    ベタ4

    メスが産み落とした卵をオスが口で咥えて、
    泡に一つ一つ入れていきます。

    ベタ5

    産卵が終わるとオスは孵化するまで泡の下で、
    数日間卵を守っています。

    数日すると孵化した稚魚が卵から孵り、
    下に落ち行きます。
    稚魚は自分で水面まで上がって来るのも入ますし、
    親が水面まで運ぶ場合もあります。

    孵化後、数日すると自分で泳ぎ回れるようになり、
    自分で餌を取る様になります。

    この頃の餌が一番問題で、
    ブラインシュリンプやベービーフードは、
    餌が大きすぎて食べてくれません。
    たぶん水中に漂っている動植物プランクトンを食べていると思われます。

    この頃が一番死亡率が高い様に思われます。

    ブラインシュリンプを食べれる位まで成長すると、
    死亡率がグンと減り生存率が上がります。

    数ヶ月すると稚魚同士喧嘩をする様になる為、
    それぞれ別々の水槽に入れ個別飼育した方がいいです。


    今回の産卵も上手くいってくれればいいのですが…。
    | お魚飼育 | 12:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    こんにちわ!
    この泡は孵化するまで数日間も消えないの?
    スゴイですねー
    | すけくん | 2010/08/18 6:03 PM |
    こんばんわ。
    たぶん常時泡を作っていると思いますよ!
    泡が割れて卵が落ちたら、
    オスが口で咥えてまた泡に戻しています。
    バスと一緒でオスが卵&稚魚を守ります。
    | 魚眼 | 2010/08/18 7:19 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック